2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

考える



(敗血症になる前。)






(敗血症のあと。
でも、まだふっくらしている。)







(同じく。)




ずっと、どこでどうしたときに、何がどう変わったんだろう。




と、考え続ける。




何度も何度も思い返す。



昨年5月に敗血症にならせる前の写真と、その後の写真を比べると、全く違う。



ずっと便秘と、うんちを通すために一時的に緩くして、を繰り返しながらだったけれど、それなりに栄養はストックできて、というか、キャパがあったんだろうな・・・ふっくらしてる。





敗血症にならせたときは、スーパー抗生剤の威力を知り、と同時に、お腹の中の常在菌が消えたので、はじめて触るうんち、はじめて見るうんち、匂いのまったくしないうんち、を経験することになる。




その後も順調に、血液検査上は良好をキープ、でも、下痢だけが収まらず、栄養だだもれ状態に、悩んでいた。



当然、痩せもするし、段々、胆嚢、膵臓、肝臓、に影響が行くし、






今回、この3つの中のどこかに炎症が起きていると・・・思っている。





閉塞していることも考えられる。




胃腸の動きもおかしいし。




昨日も給餌をしてから病院に行っているけれど、胃の中はからっぽ。
(3時間ほどで、腸に運ばれるらしい)
で、腸にうんちが大量に溜まっている。




普通の猫なら通過するけれど、骨盤が狭くなっているぴー助は出ないから溜まっているのか、腸が動いていないから溜まっているのか。




今日、病院で、少し圧迫したときに、結構な量のうんちが出た。
円筒形の、触れば指からははがれるうんち。
硬さも内径も触感も理想になっているのに、今が気張る力がないのは当然だけど、気張れば普通に自力で出るくらいの硬さと内径なのに。




でも、必ず乗り越える。
強い意志を持って乗り越える。



うんちの緩いのを放置していたら、どうなるかも知ってる。
だから、止めて、理想の出し方を、今度は見つけ出さないといけない。



今、一気に緩めることはそれなりにできると思う。
でも、もうこれ以上、下痢はいけない。
繰り返しと、またはじめからになるから、うんちを止めにかかったここからの模索の闘いを、先生にはお付き合いいただけるよう、長丁場になるだろうけれど、お願いをした。




私が一般の飼い主だったら。




すべての用事を誰かに頼んで、このことに集中したい気持ちだ。



こんなことを言うべきではないけれど。



言うことを許される立場じゃないけれど。




飼い猫も保護猫も含め、今までで一番苦戦した子で、保護猫であるけれど、足長キャットであるけれど、精神的には超えているものがある。



私に何かあったら、ぴー助がとても悲しむような気がする。



また、私も、そうだ。



できるだけ動揺しないように、冷静で居られるように、今は居たい。



感覚が鈍るから。



感じ取る力も含めて。




心を落ち着かせることだけを考える。




今夜はもう寝る。









(色々なご考察があるのは承知で、素人ですが、今夜は少し感じていることを書かせていただきました。
お許しください。)
[ 2016/01/10 ] ぴー助 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。