2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

余談

ぴー助には大好きだった猫が居る。

ぴー助はコンディション管理が難しいので、一緒に生活をし、一挙一動から情報を得なければならないため藏田の自宅に居る。

そのため、仲良しになる猫は必然的に藏田のマイキャットになる。

だから、本当はもっともっとお届けしたいのだけれど、自分の猫の日記みたいになるのは嫌なので、掲載を躊躇していた写真。

そんな中からだけど、大好きな写真がある。




保護後、約2ヶ月の入院生活を経て藏田自宅へ入る。
その後、初めて心を開いた猫、藏田の猫しーちゃんと。





しーちゃんの後をいつも追いかけていたぴー助。
しーちゃんもぴー助と同じで左後肢が無い。
同じ姿でリズミカルに歩き、仲の良かった2匹。

111004-095613-01.jpg



いつもしーちゃんにへばりついては恍惚のぴー助。

111004-095527-01.jpg



しーちゃんも慕われているのをわかっているのかいつも場所を少し譲り、懐に入れるような感じでぴー助を包んでいた。

111004-095634-01.jpg



しーちゃんはこの冬の初め、還らぬ猫になった。
だからぴー助は今は独りぼっちだ。

まだ居る高齢のマイキャットは、慕われても嫌がりはしないがしーちゃんほど面倒は見ない。

111004-095433-01.jpg




せっかく環境に慣れたのに・・・と、ぴー助を不憫に思う。
この子は最初は怖がるけれど、一度心を許してくれたら深い愛情を伝えてくるとても可愛い猫だ。

120102-202138-01.jpg



最近はこうして独りぼっちが多い。
でもそれなりに子供が寝てからひとりで運動会を始めて大暴れしたりしてエンジョイしてはいると思う。

やっぱ、若いねー。

そしてこの無垢な眼。
凄いよねー。

キラキラしている。

何か使命を持っているのかと思うぴー助。

運命の里親さんはいずこに・・・だよね。
[ 2012/12/24 ] ぴー助 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。