2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再診に行ってきました☆



今日は朝から、小さい先生こと、ぴー助主治医のもとに再診に行ってきました。


・尻尾の経過を診ていただいて、当初考えていた断尾をどうするか
・うんちの作られ具合と、お腹の状態チェック


が藏田の相談と希望する診察で、


先生はお腹の状態を診たい考えてくださっていて、下腹部を中心とした腹部エコー検査を受けてきました。
あと、オシッコ検査も久々に受けてきました。





なんだ、この可愛さは・・・





可愛過ぎます・・・ね。笑




腹部エコー検査では、腸がよく動いているとおっしゃられていて、




まず、うんちですが、周囲から漏れ出す水分たっぷりのうんちはかなり少なくなりました。
素人考察ですが、腸が活発に活動するお薬を飲み始め、腸に横たるうんちは形が作られているけれど、腸壁と密着する部分は水分でズルズルだったのもが、うまく混ぜ合わされるような感じになっていて(餅つき機のような「こねる」イメージ^^;)、だからうんち自体、今は丁度良い硬さ加減なのでは・・・



今は、肛門手前で、またいつものプロセスで後から押し寄せられてきたうんちが積みあがるような感じで硬く太くなっているので、この部分のうんちにも水分が行き渡り、丁度いい硬さと形、太さになれば、うんち自体はまだ正常なうんちが作り出せる機能が残っているのかも知れないし、次は排便機能の問題になりますが、まずはここまでは良い経過をたどらせていただいているようです。

そして、次は吸収の問題ですが、正常なうんちが作り出すことができるのであれば、栄養もちゃんと吸収できていると仮定して、栄養状態が数値になって出てくるまでは少し時間がかかると思います。



そして、尻尾・・・
造血待ちをしている間に、肉芽が盛ったことにより、骨が隠れました。^^;
確実に安全な状態にしようと思えば、少し骨を切って皮膚を縫い合わせるのが一番ですが、少し様子をみましょう、となりました☆



まぁ、言ってみれば、左の足も同じような状態なので(関節を外して縫い合わせるような手術はしておらず、自然治癒したままなのです)、尻尾、左足ともに、この先も大切に扱っていく・・・ということで、危険から少しでも守れるよう注意をしていくことになります。



オシッコ検査では、良い状態を示していて、膀胱内の細菌もなし、石もなし、という結果でした☆



骨盤手前で詰まり始めているうんちはあえて出さず、最初のひとつが出たらあとは出れそうな雰囲気なので、こちらもちょっと様子をみましょう、ということになりました。



次の再診は、連休明けに行ってきます!
[ 2015/07/15 ] ぴー助 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。