2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血液検査の結果3




アンモニア値が爆発したのが12日。
恐らく、11日夜から急上昇したはずです。
ブログには書いていませんが、11日夜から急激に容態が悪化しました。

敗血症の診断があったのが12日。
身体の中の白血球が完全に負けて、全身に毒素が回っている状態に追いつくように、強力な抗生剤を投与していただいたのが12日。
この日、夕方に一度痙攣が起こり、瞳孔も開きっぱなしでした。

でも、身体は硬直して動かないのに、意識があるのはわかっていて、呼びかけに徐々に眼を細めて反応し返してくるようになったのが、この日の夜です。
側から見れば、本当にこの状態でマシになっているの?と思われるくらいの状態でしたが、しっかりわかりました。
必ず、還ってくると。


この日だけは、流動食に切り替えました。
歯を食いしばり口を開けませんでしたけど、冷静になり、横から滑り込ませるように飲まし続けました。


今までの経験で得たことすべてを落ち着いて出し切れるよう、と、全神経を集中した時間でした。







そして今、ぴー助は生きています。^^



輸血を決断したのは19日夜です。
アルブミンは栄養状態を示していますから、ずっと2.0と、ギリギリのところで踏ん張ってくれているのはわかりましたが、血の質を示すヘモグロビンの低下で、警鐘が鳴りました。
あかん、今、やっとかんとあかん。




そして、輸血していただいたのが20日で、今日は輸血後、初通院と血液検査でした。^^





ヘマトクリットが22に上昇し、ヘモグロビンが一気に上昇しました。
アルブミンは2.0から2.1へ。




輸血後、2週間は必死になって食べさせる時期です。
今はまだ自分の力でつくり出した血でないわけですから、輸血後の2週間はとても大切な時期なので時間を作るために、今は、殆どの活動をスタッフに任せています。




今日のぴー助はとても機嫌が良く、喉をルルルとよく鳴らしていました。^^
診察中も、ご機嫌でした。



昨日より今日、今日より明日、少しでも良くなっていけば良いな♪



と、思っております。




余談が長くなりましたが、以下に先日ご報告させていただきました「血液検査の結果2」の続きを18日から追記した形でまとめました。
ご確認いただけましたら幸いです。











【血液検査日】
6月10日→12日→13日→14日→15日→16日→17日→18日→20日→23日


【結果】(他にもしている検査項目はありますが、直接関係のある項目のみ記述しております。)
ALB 2.4→2.1→2.1→/→2.0→/→2.0→/→/→2.1

HCT 23.6→23.4→20.3→20.7→18.5→18.7→16.3→16.1→16.7→22.1

BUN 104.6→44.5→/→/→/→/→/→/→/→/
CRE 2.2→1.3→/→/→/→/→/→/→/→/→/
NH3 516→683→129→/→/→/→/→/→/→/

WBC 22300→62200→55200→59400→40800→29700→28200→27900→25700→22300

Na 102→160→150→146→148→152→/→/→/→152
K 2.7→3.9→3.0→2.9→3.5→3.7→/→/→/→3.9
Cl 85→126→111→105→106→109→/→/→/→113
[ 2015/06/23 ] ぴー助 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。