2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

輸血。



敗血症から生還したとはいえ、まだまだ心配なことはあり。

遅かれ早かれ、貧血してくるだろうと思っていました。




今すぐ、どうにかなるような状態ではありませんが、「待つ」より「先手」で、次の目標に向かうことにしました。



18日は皮下点滴を見合わせたのですが、翌日の朝にはどうしても脱水感がある。
なので19日から連日入れることにしたのですが、もう本当にギリギリのアルブミン値。



いつ、一気にもっと悪い状態になってもおかしくない綱渡り状態なので、輸血を決心し、今日午後から輸血を受けてきました。











しんどいのか眠いのか、わかりづらいけれど、輸血中、耳がピンクになってきて、口の中もほんのり赤味が戻ってきたので、やっぱり結構ギリギリのところにいたんだなぁ・・・と思っています。






こちらは心配で張り付いているというのに、ぴー助は、多分これ、寝てるんです。






途中、検温。
39.5度。

少し、しんどいはずの体温です。





帰宅してすぐのぴー助。

食べてました。^^;





そして水も飲んで。






縁側行って、






外を眺めて、





発熱をしているからか、床がひんやり気持ち良さげ。






べた〜ん。






そして、アンモナイト。






うん、確かに昨日の寝方とは違いますね。
少し、身体に余裕を感じます。



帰宅して、皮下で70mlの点滴をしましたら、久しぶりに腹部へさがりました。
今まで、ずぐに吸収してしまって・・・という感じでした。


なるほどなぁ。
今で丁度良い水和状態なのかも知れない。






供血してくれた病院の猫ちゃん。
ぴー助に、生きる力を分け与えてくれて・・・本当にありがとうございました。




いただいた、貴重な力を無駄にせぬよう、丁寧に、頑張ります。



供血してくれた猫ちゃん。
先生。
病院スタッフの皆様。



今日は長丁場を、本当にありがとうございました。
[ 2015/06/21 ] ぴー助 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。