2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

14日後半

本文中に一枚だけ、感染を起こした尻尾の患部を掲載しています。
閲覧はご注意ください。
(痛々しいですが、血も出ていませんし、怖いものではありません。)








午後からは通院でした。








久しぶりに、普通のキャリーで病院へ行けます・・・
長かったなぁ・・・この数日・・・








診察台へ。
お弁当(シリンジ)持参です。







もうね、搬送中にもこうなるわけですよ・・・・・・
出てしまいます。
でも、どうすることも出来ない。







午前中に留置針を外してしまっているので、その後の経過は心配ではあるところ・・・。
とにかくひとまや超えたので、毛を刈って、汚れを綺麗にしていただいて、血液検査。






これが患部です。
骨が出てしまっているのと、周囲の肉が感染を起こしています。
治癒に向かってはいますが、ここが今回の敗血症の根源になってしまった場所です・・・







血液検査の結果が出ました。
敗血症に抗生剤が追い付いた、前日13日の白血球が55200。
(12日は62200)
だけれども、この日の結果は59400と、また上昇し、半日、静脈点滴をきっただけでこの数値・・・

あわよくば、ストテスフリーでいけたら良いなと思っていたけれど、まだまだ油断は出来ないのと、まだまだ終わっていないことがわかり、予定通り、留置の腕の交換になりました。










処置中のぴー助。
小さい先生の手の動きを、じっと見つめていました。







15日夜までに100mlの静脈点滴指示。
藏田、初めて使う輸液チューブにコツをつかめず、帰りの道中、出発20分ほどですでに20ml近く入っているので一旦留め、帰宅してから時間を測ることに。







ひとまず、一服してください、ぴー助。







ご飯を出すと、少し食べました。
食べる意欲はあるのですが、まだ上手く食べられません。
缶詰はそれだけ、食べるのにも色々な機能が要るのでしょうね。
嚥下がまだ完全ではないようです。






水。
久しぶりに自分から飲めました。
ゆらゆら揺れながら、ゆっくり、ゆっくり、少しだけ飲みました。






ドライフードを置くと、ドライフードの方が口の中に運びやすいのでしょう、上手に食べられていました。






でも・・・匂いは缶詰の方が良いらしいです。^^







そんなに頻繁では無いけれど、いつも使うものはこれで、1滴が3倍と少しあるようなので、







時間を測定し、約39秒に1滴落とすことにしました。




ご飯(強制給餌)の1回量は、シリンジ半分から2/3へ増量。
本数は3本。
こちらも徐々に、1回量と総量を増やしつつ、



油断は禁物と言い聞かせながら、落ち着いて今、一段一段の階段をあがっています。
[ 2015/06/16 ] ぴー助 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。