2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白かーさん、模索

6日の診察以降、集中して白かーさんの事を考えている。
腎臓の数値が上昇しているのも、BUNが上昇しているのも、原因があるはず。

となってくると、出来るだけタンパク質の扱いは今は気を付けなくてはならないね・・・

と思い、6日の夜から再びカタスパンを摂りだしたかーさん。
アミノ酸理論なので、こちらの方が安全なのです。

一時期、カタスパン以外栄養を摂らない時期があって、その時凄く良かったんですよね。
でも、ある日を境に急に摂らなくなって、その数日後に不定期でやってくる戦慄するくらいほぼ赤のおしっこがあって・・・
その時期を脱して、今に至るのですが、まぁとにかく、かーさんが食べたいものを食べれば良いです。
ある程度、安全策圏内で・・。






左は溶解前のカタスパン。
右がストレスフリーのため、邪道にも缶詰に混ぜて摂らせているお薬とサプリ入りの退院サポート少々。






まだ試運転だったのですが、この様子なら飲んでくれそうですね。
そろそろ、みなに連絡をまわしましょう。






風邪もひいているので、抗生剤を再開しました。
何故か、抗生剤のパセトシン、トランサミン、ゾビラックス、の組み合わせに反応するので、今回もトランサミンとゾビラックスを混ぜて摂る事になりました。

それらを書き出してある管理表の紙です。


そして緩やかな量と間隔で点滴を始めました。
カタスパンは水分も多く使うので、そのうち補正されてくるんじゃないかな・・・



今日のお当番は、Kさん。
そのKさんから頂いた、今日の活動報告から抜粋☆
↓   ↓   ↓

3.白母さんの投薬(錠剤3つ+ウルソ+アウレオ+缶詰1さじ:バイオリンク抜き・酪酸抜き)は
順調な食べかたでした。ミルク状の追加栄養メニュー:カタスパンAは藏田さんの給餌観察。美味しいにおい。
今日、白母さん調子がよさそうで窓際に出てきていたり、はじめてタワーで爪とぎと自主的なドライフード試食を見ることができました。あきらかに抗生物質効いている感じします。ただれ(血混じりのかさぶたが少ない)が改善しているのと毛並みが良い。
(抜粋終わり)



今日は藏田もかーさんがウロウロしているのを目撃。^^
嬉しい・・・
少し身体が楽で、心が軽いのかな。
何より・・・

だいすき、かーさん。^^
おばちゃんはあなたの事がだいすきなのです。

静かに見つめ返してくるあなたのまなざしはは、いつも深くて大きい。
あなたのような猫と暮らせる飼い主さんはおばちゃんにとっては羨ましい限りです。
[ 2013/02/10 ] 白かーさん | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。