2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとう、こた。

こたが逝って2週間が過ぎました。
早く発信しなければと思いながらも言葉に出来るまでに時間がかかり過ぎてしまいました。
申し訳ありません。

こたの体調不良、ただごとではない、を察知してくださった沢山の皆様からお見舞いのご連絡を頂きました。
また、お供えのお花、綺麗なお花をいっぱい頂きまして、本当に有り難う御座いました。


実は急変は21日の夜からでした。
3日ばかし、乱心したようになり、精神状態が普通ではないため、異常行動のような、何かを受け入れまいと、動けない身体を何かから逃れようとして必死に動くこたがありました。

この時に、こた自身が何かをさとってしまった事に気付き、もしかしてそれは、お別れが近いことで、その事をこたがわかってしまったための乱心だと・・・はっきりわかりました。


私達はいつも通りの振る舞いではあるけれども、出来る限り、呼ばれた時は応えられるように、と思い、過ごした数日間でした。

スタッフには近いかも知れない、の連絡を回しておりましたので、続々と近しい方々、スタッフがお見舞いに来てくれておりました。


茶臼山公園に行けた時は実はもうこたは腹をくくったあとで、まるでタンポポのように、草花と同化してしまっていて、煩悩のような物が無くなったお坊さんと同じような感じを受けました。

その日まではなんやかんやと言いながらも自分でかしわを少し食べたりしてくれていたのですが、こた自身が腹をくくってしまった日から亡くなる前日までの三日間は脳死かと思うような様子に日々なっていて、亡くなる前日、ホームドクターの往診で始めて、「老衰」、である事を理解した次第です。


老衰。
なるほど・・・
そう思いました。


藏田はホッとしました。
このごにおよんで苦しみだけはどうか堪忍してやって欲しいと思っていましたから・・・


亡くなった28日。
この日は前日までの、脳まで寝てしまっているやろう、から一変し、復活のための攻め介護をした方が良いのかと悩むくらい意識は戻っていて、ジャーキーを小さく砕いてお口の前に持って行ったらがぶりとしてくれて、でもその後が噛む行為をしないものですから口の中に入ったままで、喉に詰まらせてはいけないと思い、出させようとするも返さないよーだ、と口に力を入れてあけてくれないので、お腹・・・空いてるんやろなぁ・・・と思い、こたの食への欲を満たすためだけに液体の流動食をちびりちびりと流しこんでいました。
でもやっぱりお腹空いてたんですね、凄く飲むんですよ。
だから、じゃあもう少し形になってるやつ、と思い、デビフのスープ缶をプロセッサーでペーストにしようと思って立ち上がったところにお見舞いのお客様があり、一時中断したんです。
それからこたを囲み、厳密にはジジも参加し、しばし話をしていたんですね。
そうしたらすぅすぅイビキをかいて寝だしたので、鋭気を養うためには安静も大切ですし、先に寝かせてるうちに自分達も食事しようと行動に移ってしばらくして、付き添いを頼んだスタッフから連絡が入り、今、呼吸停止との連絡が入ったのですよ・・・

藏田がみた最後のこたは、イビキをかいて、ぷぅはぁ、ぷぅはぁ、安定した呼吸をしっかりしていたこたが最後の姿になりました。







呼吸停止直後のこた。

もがく事なく、寝かし付けたまんまの様子でした。







こた。

お見送り前。

ルームメイトのジジが、心配そうに顔を覗きこんだり匂いをかいだりしていました。




最後のとき。
これが見納め・・・




























そしてこたは小さなお骨入れにおさまりました。






いっぱいのお花、本当に有り難う御座いました。







行ってらっしゃい。
こた。

有り難う。
全然納得の行くお世話が出来た日なんて無かったし、いつもあなた達には教えて貰う事ばかりで、やればやるほど宿題は大きくなり、

追われる時間の中、宿題の意味をゆっく考えられる事無く時間は過ぎて行くのだけれど、

でもいつか、その答えを自分の中で持てるように生きて行かなくてはならない、活動して行かなくてはならない、

そう思っています。


こたは今、沢山のお花に囲まれています。

この度のこたの永眠につきまして、
こたの足長様からのお花として、お花を送らせて頂きました。






そして、これはこの日が来た時に、書こうと思っていたこと。




こたが悟ったのを知り、藏田は筋道から考えて、こたを17年間育てられた飼い主様にだけ、藏田より一報を入れました。
他の方にはどの方が一番でどの方が二番というものではありませんし、ましてや遠方で応援してくださっている、こたの足長様であれば、お越し頂く事が出来ません。

だから・・・

皆様平等に・・・と思い、
ブログ内での発信にとどめ、育て親様にだけご連絡をさせて頂きました。

81歳になられたお母さんは息子さんに連れて頂かれ飛んで来られました。

前夜遅くに、息子さんにLINEでご連絡をしていました。

朝、お返事がありまして、行くとか何とか書かれておらす、そうした会話せずとも通じるものがあり、

多分、お見えになるだろうな・・・

と思っておりましたら、やはり、お見えになってくださいました。


もう良いかな。
当時は物議があちこちであったのを知っていましたから素性を伏せましたが、こたには「エス」という立派でかっこいい名前があり、

エスのお母さんはお母さんという感じではなくてお母ちゃんで、

お母ちゃんはスタッフにご迷惑をおかけして申し訳ありませんといつも何度もおっしゃり、この日も玄関飛び込んで見えられ、

エス!お母ちゃんやでー!!
しっかりしぃ!!

と泣かれていました・・・




こうなった犬をご高齢のご夫妻が飼われる事は無理でしょう、と、離れ離れにさせたのは藏田です。

当時、ごく普通に、飼い犬がご迷惑をおかけ致しました、と、深いお詫びを頂き、お迎えにあがられました。
かかりつけの病院に、安楽死のご相談もされ、ご準備されて見えられたんですね。
自分達で責任を取ろうと。



そこに藏田が、どうでしょう、そのおつもりであったのであれば、託して頂けませんか、とお話をしたのです。


人は楽になりたければ、関わりを絶つのが一番で、エスを何が何でも引き取り、連れて帰られていれば、その後、哀しみは残られたでしょうけど、苦しみを選ばれた。
自分の飼っていた動物が人様のお世話になる事への心労、生きている間ずっと付きまとう訳です。
でも、それを選んでくださった・・・


当時、どれだけお金がかかっていくかわからないエスでしたから、お金のやり取りは揉めるもと、だから、らぶぴの犬として養う、というスタンスのもと、足長ドッグに加わらせて頂いたのです・・・


今やネット社会で、一部の情報だけで判断され、エスは飼育放棄された犬として思われていた方もおられるかも知れませんが、そんな事はありませんでした。
当時、ネットで色々書かれた飼い主さんですが、そんな事はありませんでしたよ。
不器用ですが、心に愛を宿されている、人間らしい方でしたよ。


これだけは、藏田よりお伝えしておかないとと思っています。



こたろう、という名を大切にしようと思ったのは、エスをその後私達に引き合わせてくれたさやちゃんが名付けてくれた名前です。
この名前にはさやちゃんの色々な想いがあり、だから、その名前をそのまま継承させて頂いた次第です。




ご火葬の日、エスのお母ちゃん、お兄ちゃん、二人のホームドクターに付き添われ、エスはその生涯を締めくくりました。

この日はおかしくてね・・・

お母ちゃん、お兄ちゃんは藏田の一報から自宅を飛び出される訳ですが、

藏田さん、今、向かってますんで、とお兄ちゃんからLINEで連絡があった時にはすでに火葬の予約を取っていて、昼一番の火葬でしたから間に合わないと思っていたのですが、場所はどこですか!と返信があり場所をお伝えしました。
その返信が無いという事は、あのお兄ちゃんは走ってる、向かってると確信しました。

と同時にホームドクターの兄貴分の方から何度も火葬の時間をずらせとご連絡があり、自分も行くと、譲らない。
時間変更のご相談をしようと連絡するも霊園と連絡が着かず、弟分のホームドクターと頭抱えながらとりあえず現地に向かい、

時間変更を諦めて、火葬台の上に乗り、もういよいよお別れと、扉が閉まる20cm程手前で、もう一度ホームドクターの兄貴分からご連絡があり・・・

最後まで何事も諦めない先生と、エスがこの方に最後のお別れを言いたい引き合わせと想い、

霊園のお取り計らいで火葬の時間をずらして頂き・・・

みんな揃って、お見送りが出来た次第です。


兄貴分の先生は雨の中、お供えの花束抱えて走って見えられました。
日々の管理を弟分の先生が診てくださっていました。

2月3月は藏田多忙になり、足長様へ近況をお届けするこのブログがなかなか更新出来ず、誠に申し訳御座いませんでした。

日々の生活、医療を支えてくださいました、こたの足長様。
お力添えを、本当に有り難う御座いました。

全てのご支援者の皆様、
こた、エスに縁深い全ての皆様、
誠に有り難う御座いました。

こたは今頃どうしているのでしょうか。



最後のお顔、
なぜかにっこりに見えます。



見えませんか?


しっかり生きてくれたお顔かな。

そう思う事にしました。




有り難う御座いました。




こた!
エス!

有り難う!!!

また逢う日まで!!!













スポンサーサイト
[ 2014/05/13 ] こたろう | TB(-) | CM(1)

こた、永眠致しました。

28日、22時40分。

こたは、眠るように、いや、恐らく、寝たまま、魂のお引越しをしました。

今はただただ・・・

受傷し一年一ヶ月。
寝たきりになって、それでも、あまり心を乱す事無く過ごしてくれたこたに、

ゆっくり身体を休めるよう、言ってやりたいです。

改めてこの数日の事、ご報告させて頂きます・・・
[ 2014/04/29 ] こたろう | TB(-) | CM(1)

28日今日のこた



先ほどのこた。


昨日から、お見舞いのご連絡を頂いています。
こたに変わりまして、御礼を申し上げます。

















ジジも参加してますね。




こた。
なーんも考えんと、ゆっくり身体休めえ。
明日は明日の風が吹くって。


今はとにかくしっかり寝ること。


それが今のこたには一番。



[ 2014/04/27 ] こたろう | TB(-) | CM(0)

今日のこた



今日は寝てました。
ほとんど・・・


昨日の夜、胸肉を要らないと言い、
今朝も要らない、夕方、手作りご飯の胸肉とキャベツを炊いて頂いたのを、少し頂けました。



こたが呼んでます。
行って来ます。
[ 2014/04/26 ] こたろう | TB(-) | CM(0)

こたお散歩



やっと、連れ出せました。






ここしばらく、お昼の不在が多かったもので、気にはなりながら、なかなか行けなかった、こたのお散歩。






老けましたよねぇ・・・





カートを、いただきました。





安定感があって、軽量化で、しっかりしていて、すごくかっこいい。


カートで茶臼山公園まで行きました。

最近こたは、急激に老化しているような気がします。


ただゆっくりと流れるこたの時間は、のんびりと・・・
まるで欲が無いシンプルな生命体にさえ思える、こた。

時間の共有は、こちらが癒される想いでした。


2日前からかな、食欲が落ちていて、一昨日の夜からは鶏のムネ肉のみ。

毎日、フレンドマートに買いに走ってます。

2枚入ってて、300円~400円くらい。^^;

いーよ、いーよ、こた。
食べたらいーよ。


また茶臼山公園行こうな。
[ 2014/04/24 ] こたろう | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。