2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年一年、ありがとうございました!





足長の皆様。



今年一年、ぴー助のいのちを支え続けてくださいまして、



誠に、ありがとうございました。







今年は5月に、いのちに関わる大惨事となった敗血症にならせてしまい、あの時ばかりは・・・もう・・・本当に・・・こっちの領域に居ませんでした。





今だから語れますが・・・あの時、執念でこちらの世界に呼び戻したのは、ぴー助の主治医であると、つくづく思います。




ただぴーやんが好き。



あの時の先生は、獣医でもあるけれど、人でありました。






素晴らしい足長様達と主治医に守られ、今日大晦日の夜、改めて皆様に深く感謝の気持ちを感じています。





本当に、ありがとうございました。





ぴー助が居ると部屋はみごとに汚れますが、良いんです。
元気でさえ居てくれたら。




うんこだらけでも、別に死なへんし。^^;
せいぜい踏むぐらいやし。笑






いついつまでも元気で長生きしてくれるよう、これで良いと思わずに、もっともっと頑張れるよう精進いたします。





足長の皆様。
すべてのご支援者の皆様。
ぴー助の先生。




今年一年、本当にありがとうございました!!!
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 ] お知らせ・その他 | TB(-) | CM(-)

御礼

ぴー助の、足長様からお預かりさせて頂いている足長基金についての、

2014年5月分、
2014年6月分、
2014年7月分、

の、用途先のご報告が大変遅くなりました。
誠に申し訳御座いませんでした。


各記事のように、大切に遣わせて頂きました。


被災地から来てくれて3年が過ぎましたが、まだ若いぴー助、今は体力もありますから自己免疫もしっかりありますし、今は大丈夫であっても老いが来た時の備えを模索していますが、今は最低限、今の状態を維持し、維持しながら備えを探して行こうと思っています。


またかわいい画像でぴー助の近況をお届け出来ますよう頑張ります。

今後とも、ぴー助を応援して頂けますよう、何卒宜しくお願い致します!
[ 2014/09/13 ] お知らせ・その他 | TB(-) | CM(0)

2014年1月から4月までの、収支報告

藏田です。

ぴー助、コタロウの、2014年1月から2014年4月までの収支のご報告が大変遅くなりました事、誠に申し訳御座いませんでした。
足長様からぴー助、コタロウのためにお預かりさせて頂きました基金は、各ご報告の内容に大切に遣わさせて頂きました。
誠に、有り難う御座いました。

ご確認頂けましたら幸いです。

[ 2014/05/31 ] お知らせ・その他 | TB(-) | CM(0)

近況

3月20日・・・から書けていないなんて・・・
本当に申し訳御座いません。

ぴー助、こた、共に、とりあえずは元気です。

ぴー助にいたっては、保護以降、一番良い感じで、サプリメントのおかげで信じられない快挙、ウンチがスルーと自分で気張って出せている、そのせいてま圧迫排尿がやりやすくなっています。

それでも2日に一度はカテーテルを入れて残尿を回収しています。

ちょっと欲が出て、普通のフードならばどうなるのか、その時のサプリメントの組み合わせ、量は?を今取り組んでいます。



こたの褥瘡は結局最終的に4箇所、縫合処置をしました。
一昨日、最後の縫合部位を抜糸。

縫合時、痛みを感じない事だけが救いですが、皮膚は皮膚で出来るだけ温存しなければならないので、なかなかむつかしいところです。


そろそろ日中は暖かいですし、介護用カートで一度連れ出してみます。

腎不全は改善して来ています。
しかし、自分から水にアクセス出来るこたでは無いので、自分から水にアクセス出来る子と同じような感覚でやっていたらきっとまた腎不全にならせてしまうでしょうし、もっと細かく、気を配り、お世話しないと駄目だな・・・
と思っています。
[ 2014/04/16 ] お知らせ・その他 | TB(-) | CM(0)

足長基金収支報告

ぴー助の足長様、
こたろうの足長様、
11月のご報告が大変遅くなりました。
誠に申し訳御座いません。

昨年一年、温かいご支援をたまわり、誠に有り難う御座いました。

ぴー助は、最近では、尿路保護の目的で出来るだけ圧迫排尿でオシッコを抜くようにしています。
それでも、便秘の関係で出にくい事も多いですが、どうにかこうにか無事に過ごさせて頂いています。

病院へは週一程度の通院です。

12月に膀胱結石の手術から丸一年過ぎました。
定期的に検査をしていますが、今のところ深刻な石は無く、非常に良い状態だと思います。

今までにも何匹か膀胱麻痺の子はおりましたが、当時の藏田は今よりももっと経験値が無く、管理、という事すら思い付きもしませんでした。
しかし今から思うとやはり膀胱炎にはなりやすかったですし、今更ながら、医療ケアの重要性を身を持って体験しているところです。

もっともっと、自分でも出来る事を増やして、よりよい維持が出来るよう、と思っています。



こたは、12月から急に老けこみました。
寒さも堪えるでしょうし(動かない分)、いじけて見える日もありました。
布団から落ちたり、水が欲しかったり、と、用がある時は呼んでくれるので助かりますが、そばに居ない時はちょっとなぁ・・・と思う次第です。

早く暖かくなれば、カートに乗ってまずお散歩に連れてやりたいです。

本当はこうした形で手元に置かず、少しでも手をかけて頂ける方のそばに一時預かりで・・・とも考えなくありません。
だって、その方がこたにとってクオリティがあがりますでしょう・・・

らぶぴのそばの方で、いらっしゃらないかな・・・
もしくは、リハビリ、お散歩、ボランティアさん求む!



そんな事を思いながら・・・



長くなりましたが、
11月も、二匹を支えてくださり、本当に有り難う御座いました!!!
[ 2014/01/06 ] お知らせ・その他 | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。